ここから本文です。

更新日:2017年12月8日

イベント

 企画展の情報を見る / 講座等の情報を見る

企画展

池波作品の舞台を歩く「夜の戦士」

夜の戦士池波正太郎氏の忍者小説の第一作となった小説「夜の戦士」。この作品の舞台となった近江、常陸、甲斐、信濃、駿河、遠江、三河の現在の様子を写真及び関連資料により紹介します。

  期間:平成29年12月9日(土曜日)~平成30年2月25日(日曜日)
  時間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)
  休館日:毎週水曜日、祝日の翌日(1月9日、2月13日)、年末年始(12月29日~1月3日)
  入館料:一般400円、高大学生260円、小中学生130円
     (市内高校生以下は無料。団体・障害者手帳保持者割引あり)

 

【終了】「真田を描いた作品と資料展」

秋展チラシ

 信州・真田家を描いた時代・歴史小説を中心に、大正から平成までの数々の名作を紹介する企画展です。また、池波正太郎氏が執筆時に参考とした普段は見ることができない資料・書籍も併せて展示します。

  期 間:平成29年9月9日(土曜日)~平成29年11月26日(日曜日)

  時 間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)

  休館日:毎週水曜日(※ただし、9月19日、10月10日、11月7日は振替休館日)

  入館料:一般400円、高大学生260円、小中学生130円

      (市内高校生以下は無料。団体・障害者手帳保持者割引あり)

 

 

 

 

 

 

 

 

【終了】「漫画『真田太平記』原画展」

 平成27年より、細川忠孝氏の作画によって連載がスタートした漫画「真田太平記」。現在も好評連載中の本作品について、原画だけでなく、作品のこれからや細川氏の作品の制作過程も見ることのできる企画展です。

  期 間:平成29年6月17日(土曜日)~平成29年8月27日(日曜日)

  時 間:午前10時~午後6時(入館は5時30分まで)

  休館日:毎週水曜日(※ただし、7月18日、8月17日は振替休館日)

  入館料:一般400円、高大学生260円、小中学生130円

      (市内高校生以下は無料。団体・障害者手帳保持者割引あり)

 

講座、サロントーク等

【終了】特別講座「鬼平犯科帳」を繙く

鬼平犯科帳を繙く 誕生50年を記念してアニメ化されるなど、いまだ多くの人々に愛されている「鬼平犯科帳」。当館でも誕生50年を記念し、より深く作品を楽しめるような特別講座を開催します。

  日 時:平成29年9月21日(木曜日)午後2時~4時

  場 所:池波正太郎真田太平記館交流サロン

  講 師:鶴松房治氏(池波正太郎真田太平記館指導員)

  定 員:60名程度

  受講料:700円(お茶代含む)

  申込み:9月15日(金曜日)までに、電話で当館(0268-28-7100)へ。

 

 

 

 

 

 

【終了】講座「真田幸村をめぐる四方山話 ~日本史の常識・非常識~」

 真田幸村や「大坂の陣」に関する様々なエピソードを、資料を交えながらお話いただきます。普段聞けない貴重なお話をこの機会にぜひ。

  日 時:平成29年8月25日(金曜日)午後2時~4時

  場 所:池波正太郎真田太平記館交流サロン

  講 師:北川央氏(大阪城天守閣館長)

  定 員:50名程度

  受講料:700円(お茶代含む)

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?