ここから本文です。

URLを送る
印刷

更新日:2016年12月6日

上田の名産・特産品

上田市の名産特産品トップ

上田市は昼夜の寒暖差、夏冬の寒暖差が大きいうえ、年間平均降水量が約900mmと少なく、また標高差が大きいことなど農産物の生産に大変適しており、低地では主に米・花、準高冷地では主に野菜、くだもの、高冷地では高原野菜など様々なものが作られております。また農産物以外にも上田紬や農民美術などの伝統工芸品もあります。

米

夏の朝夕が涼しく、昼と夜の温度差が大きい少雨乾燥の気候が、自然と太陽の恵を受け、おいしいお米を作ります。

収穫時期

9月中旬から10月中旬頃

 

レタス

レタス

高原野菜の代表格で夏野菜の定番。冷涼な菅平高原で多く栽培され、上田市を代表する野菜です。高原の気候を利用することで、軟らかく甘みがあるレタスが栽培されます。

収穫時期

4月上旬から10月上旬頃

5月上旬から9月中旬

 

アスパラガス

アスパラ

主に市内の低地で栽培されており、春から夏にかけて収穫されています。

収穫時期

4月中旬から9月中旬頃

4月下旬から6月中旬

 

山口大根

山口大根

上田市山口地区で江戸時代から栽培され、幻の野菜ともいわれる伝統野菜です。根形は電球型で辛味が特徴です。主に漬物・大根おろしとして利用されます。また、水分が少ないので天ぷらにすることができ、熱を加えると甘みが増すのが特徴です。

収穫時期

11月上旬から12月中旬頃

11月下旬から12月中旬

 

うえだみどり大根

うえだみどり大根

戦後に中国からの引揚者が持ち帰った青大根と地大根とが自然交配して生まれた大根です。身の中まで緑色の部分が多く、甘みだけではなく適度な辛味があり、サラダなどにも楽しめます。山口大根同様水分が少ないので天ぷらにすることができます。

収穫時期

11月上旬から11月下旬頃

11月上旬から11月中旬

 

松茸・きのこ

松茸・きのこ

上田市は全国有数の松茸の産地。特に塩田地域、武石地域は松茸の産地として有名です。シーズンを迎えると上田市の塩田地域に季節限定の松茸小屋がオープンします。その他施設栽培でえのきだけ、ぶなしめじ、なめこ、エリンギなどが生産されます。

松茸収穫時期

9月上旬から11月上旬頃

松茸旬

9月中旬から10月下旬

 

りんご

りんご

日照時間の長さと昼夜の温度差という気象条件が色、糖度、肉質ともに優れた果物をつくります。「秋映」「シナノスイート」「シナノゴールド」という信州オリジナルのりんご3種も注目されています。

秋映

濃い赤色のりんご。甘みと酸味のバランスが絶妙です。

収穫時期:9月中旬から10月中旬頃

旬:9月下旬から10月上旬

シナノスイート

鮮やかな赤色のりんご。酸味が少なく強い甘みが特徴です。

収穫時期:10月上旬から10月下旬頃

旬:10月中旬から10月下旬

シナノゴールド

黄色のりんご。甘みと酸味のバランスと、パリッとした食感が特徴です。

収穫時期:10月中旬から12月上旬頃

旬:10月下旬から11月上旬

 

ぶどう

ぶどう

ぶどうの王様「巨峰」をはじめ種がなく手軽に食べられる巨峰やピオーネ、長野県オリジナル品種の「ナガノパープル」などが栽培されています。また、丸子地域の陣場台地や塩田平においては企業参入を含めたワイン用ぶどうの栽培が広がっています。

収穫時期(巨峰)

7月上旬から10月中旬頃

旬(巨峰)

9月上旬から10月上旬

 

上田紬

上田紬

古くから養蚕の栄えた上田で作られる上田紬は、江戸時代から大島紬や結城紬と並ぶ日本の三大紬として知られています。軽くて丈夫なことから全国で広く愛用されてきました。市内には伝統を受け継ぐ工房があり、紬織りの実演が見学できます。

 

農民美術

農民美術

大正時代に芸術家・山本鼎が提唱した農民美術は、農家の冬の副業として広まりました。上田の代表的な工芸品のひとつであり、土産品としての販売や木彫りの体験ができる工房もあります。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

質問:このページは見つけやすかったですか?