ページの先頭へ

真田三代
ゆかりの地をめぐる、
真田街道の歴史。

真田氏の発祥については依然として謎が多いが、
現在の上田市真田町を本拠地とした東信濃の名門、
海野氏の流れをくむ一族といわれています。
真田氏が世に認められるようになったのは
真田幸隆の時代からでした。
武田信玄の配下となって、村上義清の砥石城を落とし、
さらに上野国吾妻郡の諸城を次々と攻略しました。
その後、真田家を継いだ幸隆の三男昌幸は
天正11年(1583年)に上田城の築城を開始し、
徳川の大軍を二度までも撃退して、天下に真田の名をとどろかせました。
また、大坂の陣における昌幸の二男 幸村の獅子奮迅の活躍、
江戸末期まで連綿と基礎を固めた昌幸の長男 信之など、
いまだに真田一族の名声は尽きることがありません。

真田街道とは・・・

真田氏(真田幸村の祖父・幸隆、父・昌幸、兄・信之) が統治した地を結ぶ街道の通称。 現在の国道144号、145号、120号にあたる。 江戸期には、上田市から嬬恋村を通って高崎市方面へ 抜ける街道(現在の国道144号、406号) を上州街道(長野県側の呼称)、信州街道(群馬県側の呼称) と呼び、高崎市から沼田市を通って片品村、 会津方面へ抜ける街道(現在の国道17号、120号) を会津街道(群馬県側の呼称)、 沼田街道(福島県側の呼称)と呼んでいたとされる。

真田氏ゆかりの地 13市町村をご紹介。

ご覧になりたい市町村名をクリックしてください。

真田氏ゆかりの地をめぐってスタンプを集めよう!!

旅の記念にスタンプを集めてみてはいかがですか?