ページの先頭へ

沼田市

日本一美しい河岸段丘上に佇む
「もうひとつの真田の舞台」、沼田。

沼田市は、日本百名山に挙げられる赤城山や武尊山などの山々に囲まれた、緑豊かな街です。慶長年間に真田氏が町割りを開始した城下町としての姿を今に伝える市街地は、利根川とその支流の片品川、薄根川が形成した日本一美しい河岸段丘上にあります。歴史と伝統に育まれた地域文化と技術の粋を集めた工芸品の数々、関東有数のブナ林が広がる「玉原(たんばら)高原」や国指定天然記念物「吹割(ふきわれ)の滝」など、豊富な観光資源に囲まれた魅力的なエリアです。

沼田城跡
(沼田公園)

沼田城は天文元年(1532)に沼田氏12代万鬼斎顕泰により築かれた。天正18年(1590)に真田昌幸の長男信之が沼田領二万七千石の初代城主となり、その後5代91年間にわたり真田氏の居城となる。また、慶長2年(1597)には五層の天守閣を建造し、慶長19年(1614)頃には城下町としての形態が整った。天和元年(1681)、江戸幕府に領地を没収され完全に破却、その後天守閣は再建されず、後に本多氏が入封し再興した城も館御殿造りであった。次いで黒田氏2代、土岐氏12代の居館となったが、明治になって版籍奉還し館も取り壊された。時を経て本丸・二の丸跡が整備され、現在の沼田公園となった。

【場所】沼田市西倉内町594
【問い合わせ】沼田市役所観光交流課 TEL0278-23-2111

大蓮院殿(小松姫)の墓

初代沼田藩主信之の正室であった大蓮院殿(小松姫)は、徳川四天王の一人、本多忠勝の娘で、家康が養女にした後に信之に嫁がせた。関ヶ原の戦の際には、上田に戻る父昌幸、弟幸村が、信之を伴わず沼田城を訪れたことを不審に思い、入城を拒んだことで女丈夫とうたわれた。療養のため江戸から草津に来る途中、武蔵国鴻巣で没した。48歳。同所で火葬後に分骨し、鴻巣の勝願寺・沼田の正覚寺・上田の芳泉寺にそれぞれ葬られた。

【場所】沼田市鍛冶町938(正覚寺)
【問い合わせ】沼田市役所観光交流課 TEL0278-23-2111

沼田城 城掘川

利根川などによって侵食され台地となった沼田はその地形を活かし、戦国の世では要害の城であった。反面水利には恵まれず、沼田氏は城造築とともに約12km離れた白沢川より開鑿(かいさく)を行い用水確保を図った。その後、信之は城の規模拡大とともに街づくりを手がけ、不足しがちな用水確保のため川場地内からも水を引き、二代信吉の代で白沢用水と川場用水とを併せた「城堀川」の完成をみた。天桂寺横に見られる城堀川の「布積み石垣の遺構」は、真田時代のなごりを現世に伝える貴重な遺構である。

【場所】沼田市材木町309(天桂寺)【問い合わせ】沼田市役所観光交流課 TEL0278-23-2111

玉原高原

武尊山の西に広がるなだらかな高原には、小尾瀬と呼ばれる玉原湿原があり、色とりどりの高山植物が訪れる人々の目を楽しませます。関東有数のブナ林を縫うように遊歩道が整備され、隣接する「たんばらスキーパーク」は、ゲレンデを覆う自慢のパウダースノーから一転、夏には「たんばらラベンダーパーク」として5万株のラベンダーが紫の絨毯で斜面を彩ります。

【問い合わせ】沼田市役所観光交流課 TEL0278-23-2111

吹割の滝・老神温泉

国の天然記念物に指定されている吹割の滝は、高さ7m、幅30m余りに及び、ごうごうと落下、飛散する瀑布は、東洋のナイアガラと言われています。渓谷の雄大さと美しさは、豊かな水量と、澄み切った空気が相まって、春の新緑、夏の清流、秋の紅葉など、四季のおりなす絵模様は訪れる人を十分に楽しませてくれます。また、近くにある老神温泉では宿泊施設や立ち寄り湯が散在し様々なお風呂をお楽しみいただけます。

【問い合わせ】沼田市役所利根支所観光係 TEL0278-56-2111

沼田まつり

毎年8月3日から5日まで開催される沼田まつりは、「まんど」と呼ばれる10台の山車や各町内のみこしが街を練り歩き、目抜き通りは熱気に包まれます。勇壮な須賀・榛名両神社のみこしとまんどの競演は見る者を圧倒し、女性だけで担ぐ天狗みこしが華を添えます。

【問い合わせ】沼田市役所産業振興課 TEL0278-23-2111

旧生方家住宅

旧生方家住宅は、妻入・板葺の町家でその様式・技法から見て17世紀末頃に建築されたものと考えられ、東日本で最も古い町家造りの建築物であることから昭和45年に国の重要文化財に指定されました。
【場所】群馬県沼田市西倉内町594(沼田公園内)
【問い合わせ】0278-23-4766
【営業時間】9:00〜16:00(有料:大人100円・小中学生60円)
【定休日】毎週水曜日、祝日の翌日(祝日が水曜日及び火曜日の場合は木曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)

生方記念文庫

生方記念文庫は、戦後における女流歌人の第一人者で、沼田市名誉市民の生方たつゑ(1904~2000)の著書を中心とした詩歌関係書を多く集めた文庫です。
【場所】群馬県沼田市上之町199-1
【問い合わせ】0278-22-3110
【営業時間】9:30〜17:00(有料:大人320円・小中学生160円 *インフォメーションフロアは無料)
【定休日】毎週水曜日、祝日の翌日(祝日が水曜日及び火曜日の場合は木曜日)、年末年始(12月29日~1月3日)

沼田市 正覚寺

沼田藩初代城主・真田信之の正室、小松姫(太蓮院)の墓所がある浄土宗の寺。山門を飾る江戸時代の彫刻は市の重要文化財に指定されている。
【場所】群馬県沼田市鍛冶町938
【問い合わせ】0278-22-2959
【営業時間】スタンプは境内のオープンスペースに設置のため無休。ただし、昼間のみ

◎沼田市の観光に関するお問い合わせはコチラ

〈沼田市観光交流課〉
群馬県沼田市西倉内町780 TEL0278-23-2111
http://www.city.numata.gunma.jp/