ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 行政管理課 > 指定管理者のモニタリング評価

本文

指定管理者のモニタリング評価

更新日:2020年8月21日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 指定管理者制度は、多様化する市民ニーズに対応して、公の施設の管理・運営に民間のノウハウを活用することで、公共サービスの質の向上と経費の節減等を図ることを目的に、平成15年9月の地方自治法改正により創設された制度です。
 上田市においては、平成18年3月の市町村合併時に本格的に導入しています。
 指定管理者制度を導入している公の施設において、指定管理者によるサービスの提供が条例や規則、協定等に沿って、適切かつ確実に実行されているかどうかを確認するとともに、施設の管理・運営上の課題や問題点を洗い出し、安定的・継続的なサービスを提供するために、市が指定管理者による業務を検証・評価するモニタリング評価を平成19年度事業分から実施しています。

令和元年度モニタリング評価結果

平成30年度モニタリング評価結果

平成29年度モニタリング評価結果

平成28年度モニタリング評価結果

平成27年度モニタリング評価結果

平成26年度モニタリング評価結果

平成25年度モニタリング評価結果

平成24年度モニタリング評価結果

平成23年度モニタリング評価結果

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)