ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

地域再生計画

更新日:2020年7月14日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 地域再生制度とは、地域経済の活性化、地域における雇用機会の創出その他の地域の活力の再生を総合的かつ効果的に推進するため、地域が行う自主的かつ自立的な取組を国が支援するものです。
 地方公共団体は、必要な支援措置を記載した地域再生計画を作成し、内閣総理大臣の認定を受けることで、当該地域再生計画に記載した事業の実施に当たり、財政支援を活用することができます。
 上田市では地域再生計画の認定を受け、地域再生法に基づく支援措置を最大限活用しながら、上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略の着実な推進を図っています。

地方創生に関する認定地域再生計画について

上田市まち・ひと・しごと創生推進計画
  • 全体概要

 人口減少・超高齢社会の急速な進展が、地域のコミュニティや経済に与える影響は深刻であり、市ではこれらを踏まえた行政経営により、将来にわたる活力の維持と成長を図ることが求められている。この計画では、第二次上田市総合計画に掲げる将来都市像である「ひと笑顔あふれ 輝く未来につながる 健幸都市」、また上田市まち・ひと・しごと創生総合戦略が目指す「住みたい、住み続けたいと思う上田市」の実現のため、次の基本方針を定めて取組む。

【基本方針】

豊かな暮らしと人生を支える雇用の創出

若者の結婚・子育ての夢・希望の実現

人・地域を育てまちの活力を生む学園都市づくり

住みよいまち・うえだの魅力アップと積極的発信

安心の暮らしと健康長寿のまちづくり

  • 認定日:令和2年7月2日(第56回)
  • 計画区域:上田市の全域
  • 計画期間:認定日から令和5年3月31日まで
  • 支援措置:まち・ひと・しごと創生寄附活用事業に関連する寄附を行った法人に対する特例
  • 第56回地域再生推進計画 [PDFファイル/28KB]

 

産官学金医連携による次世代イノベーション産業創出基盤整備計画
  • 全体概要

 市の基幹産業であり、地域経済を牽引する雇用の大きな受け皿である「ものづくり産業」の競争力を高め、広域・グローバルに活躍することにより、地域企業、関係機関、自治体等が市町村の枠を超えて一体となり、東信州エリアにおける中小企業支援プラットフォームの基盤体制を発展させ、「新産業創出」と「地域企業への人材確保・育成」を目指した事業展開を図る。

 

まちなかの賑わい創出と連動した移住定住推進計画
  • 全体概要

 まちなかで開業を希望する若者、女性層等の創業のため、中心市街地の空き店舗を活用した複合型チャレンジショップを設置・運営し、創業セミナーの定期的な開催、店舗賃借料補助等の支援からまちなかの空き店舗を減らし、まちなかの賑わいを創出する。この施策と連動し、空き家情報バンク協定先である不動産業界団体とのアウトソーシングによる専門コーディネーターの配置といった先駆的な移住定住推進策を実施しながら、交流・移住人口拡大のため当市の地域資源や魅力を首都圏へ戦略的に広報シティプロモーションする。

 

しごと創生による人・地域の輝き戦略推進計画
  • 全体概要

 「健幸都市・上田」の実現のため、単独事業として推進していた域外誘客型の「菅平SPT事業」と市民対象の「健康幸せづくりプロジェクト事業」を総合型健康ビジネス創出事業として推進するとともに、大河ドラマ「真田丸」で向上した「信州上田」の知名度を確固たるものにするため産学官連携等でブランド力の高い特産品や魅力ある商品開発を促進させ地場産業の活性化及び新規創業や雇用を創出することで「しごと創生」を実現させるもの。

 

~健幸実感~国民保養温泉地活性化プロジェクト
  • 全体概要

 上田市の西端に位置する丸子温泉郷の発展を牽引してきた鹿教湯温泉は、近年は入込客減少や温泉供給施設等の老朽化といった課題に直面していたが、住民が自ら立ちあがる形での新たな地域活性化への取組みが活発化している。
 地域住民の取組みに併せ、老朽化した温泉供給施設を整備し鹿教湯温泉の課題を解消することで、住民自らが始めた移住事業など地域活性化事業の取組みをさらに加速させ、「温泉を生かしたヘルスツーリズム」による滞在交流型観光地づくりを目指す。

 

「住み良いまち・うえだ」快適環境のまちづくり計画
  • 全体概要

 人口減少や少子高齢化が進む中で、地域の活性化やコミュニティの再編、高齢化による担い手不足の解消に向 けて、都市住民の居住希望が多い高原・農山村地域において、生活基盤の確保及び生活環境の向上を図るため、浄化槽整備及び生活排水等の処理施設の改築更新を一体的に行うことにより、公共用水域の水質保全を通じて、ひと笑顔あふれ輝く未来につながる健幸都市にふさわしい「住み良いまち・うえだ」快適環境のまちづくり計画を目指す。

 

上田で働きたい、住みたい戦略推進計画
  • 全体概要

 「しごと創生」として、上田市産学官連携支援施設(AREC)を核に産官学金の連携による基幹産業の安定、次世代産業の創出、多様な働き方の場つくり、創業促進支援及び企業誘致促進を図り工業活性化の取組から新陳代謝を促進させる。「ひとの創生」として、UIJターンと地域若者等定住就職支援事業、子育て女性社会進出促進事業は伴走型就業支援、空き店舗緊急対策事業及びまちなかキャンパス運営事業では街中に賑わいを創出し将来にわたる魅力ある街づくりの施策展開することにより、「しごと」と「ひと」の好循環を確立させる。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)