ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

上田市業務継続計画(BCP)

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

策定の趣旨

 業務継続計画(BCP:Business Continuity Plan)は、行政の被災を前提に、市の業務継続体制や非常時優先業務等を明らかにし、応急・復旧業務や優先業務を遅滞なく実施し、行政が機能不全に陥ることを避け、現状の災害対策の課題などを明確にするものです。

計画の概要

(1) 前提とする災害事象及び基本的事項

想定する災害

糸魚川-静岡構造線断層帯(全体)を震源とする地震

対象とする組織

災害対策本部各災害対策班を構成する全部署(消防部は除く)

対象とする庁舎

本庁舎と周辺庁舎(南庁舎、西庁舎、北庁舎、東庁舎)

庁舎被害想定

ケース1

天井崩落、エレベータ脱落等、機械設備等の配線等に支障

ケース2

本庁舎倒壊により、代替施設による災害対応

(2) 主な記載事項

  1. 首長不在時の明確な代行順位及び職員の参集体制
  2. 本庁舎が使用できなくなった場合の代替庁舎の特定
  3. 電気、水、食料等の確保
  4. 災害時にもつながりやすい多様な通信手段の確保
  5. 重要な行政データのバックアップ
  6. 非常時優先業務の整理

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)