ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 商工観光部 > 地域雇用推進課 > 新型コロナウイルス感染症の労災補償について

本文

新型コロナウイルス感染症の労災補償について

更新日:2022年7月13日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

業務によって新型コロナウイルス感染症に感染した場合、労災保険給付の対象となります。

リーフレット「職場で新型コロナウイルスに感染した方へ」<外部リンク>

会社が事業主証明を拒否するなどし、事業主証明が得られない場合であっても、労災保険の請求はできますので、労働基準監督署(0268-22-0338)にご相談ください。

​労災保険給付の対象となるケース

  • 感染経路が業務によることが明らかな場合
  • 感染経路が不明の場合でも、感染リスクが高い業務(※)に従事し、それにより感染した可能性が高い場合
    ※(例1)複数の感染者が確認された労働環境下での業務
    ※(例2)顧客等の近接や接触の機会が多い労働環境下での業務
  • 症状が持続し(罹患後症状があり)、療養等が必要と認められる場合
  • 医師、看護師や介護の業務に従事される方々については、業務外で感染したことが明らかな場合を除き、原則として対象

【労働者の方向け】新型コロナウイルスに関するQ&A

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00018.html#Q5-1<外部リンク>

【企業(労務)の方向け】新型コロナウイルスに関するQ&A

厚生労働省ホームページhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00007.html#Q7-1<外部リンク>

お問合せ

長野労働局 上田労働基準監督署 電話:0268-22-0338

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)