ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 届出・証明 > 住民票 > 証明書等請求時の本人確認

本文

証明書等請求時の本人確認

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

証明書等請求の際の本人確認にご協力をお願いします

 平成20年5月1日から住民票の写しや戸籍等を請求する際に本人確認を行います。
 不正な交付請求による証明書等の取得を防止するため、また、個人情報保護意識の高まりを受けて、戸籍法、住民基本台帳法等が改正されたことによるものです。
 証明書等の請求をされる方には、窓口でご本人であることを証明できるものを提示していただき、本人確認を実施します。
 なお、代理人・使者の方が窓口へお越しになるときは、委任状等が必要になるとともに、代理人・使者の方の本人確認書類の提示も必要になります。
 市民の皆さんのご理解とご協力をお願いします。
委任状[PDFファイル/12KB]

提示いただくご本人を証明できるもの

  • 1点でよいもの
    運転免許証、パスポート、個人番号カード、顔写真付の住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書等の官公署の発行した写真付の証明書
  • 2点必要となるもの
    健康保険証、年金手帳、年金証書、介護保険証、社員証、学生証等

交付請求時に本人確認を行うもの

住民票の写し、住民票の除票の写し、住民票記載事項証明、戸籍・除籍・改正原戸籍の謄抄本、戸籍の附票、身分証明書、受理証明書、戸籍の記載事項証明書(出生届書記載事項証明書、死亡診断書等)、住民票コード通知再発行

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)