ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

産科医療補償制度

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 この制度は、分娩の際に重度の脳性まひとなったお子さんとそのご家族の経済的負担の軽減等を目的としたもので、本制度に加入する病院や診療所、助産所(以下「病院等」といいます)で出産した場合、脳性まひとなったお子さん及びご家族には総額3,000万円の補償金が支払われます。

 制度や補償内容等の詳細は、財団法人日本医療機能評価機構のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 この制度の掛金1万6千円は自己負担となりますが、その負担を軽減するため上田市国民健康保険の被保険者が出産した場合には、通常の出産育児一時金に掛金1万6千円を加算して支給します。
 ただし、産科医療補償制度に加入していない病院等での出産、海外出産の場合には掛金が発生しないため、加算の対象とはなりません。