ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 総務部 > 上田市公文書館 > 令和2年度展示・イベント情報

本文

令和2年度展示・イベント情報

更新日:2020年9月7日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

※現在開催中または今後開催予定の情報は公文書館メインページをご覧ください。

展示

旧役場文書から見る地域の歴史

  1. 期間 4月11日(土曜日)から8月30日(日曜日)まで
  2. 場所 上田市公文書館1階ロビー
  3. 見学無料
  4. 展示内容
    大正8(1919)年5月1日、「上田町」は市制を施行し、県下3番目の市「上田市」が発足しました。この5月に市制施行満100年を迎えるにあたり、当時の上田市の議会資料を展示します。このほか「東内村誌」、「神社関係文書(西内村)」など、明治期の丸子地域の資料を展示します。
  5. 展示資料の概要

(1)上田市制の施行【大正8年5月1日】

 内務大臣の上田町会宛諮問書 小県郡上田町は、大正8年(1919年)5月1日に市制を施行し、上田市が誕生しました。県下では長野市、松本市に続く3番目で、全国では83番目の市制施行でした。 
大正8年の上田町『議事雑件編冊』の簿冊には、4月19日付で「その町を廃し、その区域をもって上田市を置かむとする。よってその会の意見を問う」とし、上田町会宛に、内務大臣の床次竹二郎名で諮問書が出されています。
市制への移行は四、五年前から町の有識者によって提唱され、上田町の将来の発展を期して行われました。
 県知事の上田町宛文書

同年4月30日付で「上田町を廃し、その区域をもって上田市を置くにつき、町有財産は上田市に帰属せしむるものとする」との上田町宛の県知事名の文書が残されています。
当時の上田町長は細川吉次郎で、5月には上田市長臨時代理となり、8月下旬には3名の候補者の中から内務大臣の任命により、市長に就任しました。

(2)東内村誌【明治12年編さん】

明治12年編さんの東内村誌 明治10年代、長野県は、県下の各町村に、町村誌を作成し提出するよう命じました。丸子地域の東内村では、明治12年(1879年)4月、長野県令宛に村誌を提出しています。
この村誌には、境域・管轄沿革・里程・地勢・地味・税地・字地・貢租・戸数・人数・牛馬・舟車・山・川・道路・温泉・社・寺・学校・古跡・物産・風俗・気候などについて記されています。
法住寺虚空蔵堂などの建物 東内村誌では、「昔より小県郡に属し、餘戸郷(あまりべごう・和名抄にあり)、後に依田庄内村郷と称し、一村なり」と記しています。
里程は「長野県庁より未(ひつじ・南南西)の方15里(約58.5km)」、地勢は「山間の一峡谷にして、山脈二条にあり、筑摩郡の郡境より来る。・・その形状が龍蛇に似ており、辰の口の称が起る所なり」と記しています。村の戸数は324戸、人数は男651人、女629人と記し、牛馬は牡馬(おすうま)46頭と記述しています。

(3)経塚資料【明治30年に霊泉寺境内で発見】

霊泉寺経塚出土品の「御届」文書 明治23年からの西内村の『神社・宗教公文編冊』の簿冊には、明治30年6月2日付の霊泉寺経塚出土品の「御届」文書が保存されています。
この「御届」文書には、「瓶(かめ)一個・鏡五面・銅筒二個・赤銅笄(こうがい)八本・小柄(こづか)銅二本・鐺(こじり)赤銅一個・刀折十六本・唐銭十五」とあり、長さや径が記されています。
なお、笄は髪かきのことで、鐺は刀のさやの末端の金具をさします。唐銭は中国銅銭のことです。こうした経筒などの資料は、霊泉寺の白山社境内に皇大神宮遥拝所を建築した際に、地下六尺(約2メートル)の地点から出土しました。
出土した経筒 発掘された場所は、経典を土中に埋納した塚である経塚とみられ、霊泉寺経塚とされ、現在出土品は、東京国立博物館に収蔵されています。
1点の経筒には「為清林十七年忌也 孝子等敬白 天文五年丙申四月三日」、「天文五年丙申四月四日 願主了尊 住寺明窓」の銘が各筒身に刻まれ、天文5年(1536年)の戦国期の経筒です。
※「天文」は1532年から1555年までの期間。天文10年には、甲斐国の守護武田家で、武田晴信(信玄)が父信虎を追放し、当主となった出来事がありました。

 

「旧役場文書から見る地域の歴史」説明会

公文書館職員による所蔵資料展の説明会を「申込み予約制」により開催します。どの回も内容は同じで、参加無料、所要時間は約30分です。マスク着用でご参加ください。

  1. 日時
    • 7月18日(土曜日)
       午前の部:10時から 11時から
       午後の部:13時から 14時から
    • 8月 8日(土曜日)
       午前の部:10時から 11時から
       午後の部:13時から 14時から 
  2. 場所 上田市公文書館1階ロビー
  3. 定員 各回とも先着5人
  4. 申込み 電話で公文書館まで(電話0268-75-6682)

 

講座

 

イベント