ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 障がい者支援課 > 障害者手帳制度の概要

本文

障害者手帳制度の概要

更新日:2020年2月10日
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

概要

 障害者手帳とは、障がいのある人が取得することができる手帳です。
 障害者手帳を取得することで、障がいの種類や程度に応じて様々な福祉サービスを受けることができます。
 障害者手帳には、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳があります。

 

身体障害者手帳

 身体障害者福祉法に基づき、身体障がいのある方の自立や社会活動の参加を促し、支援することを目的として作られました。
 身体障害者福祉法が定める身体障がいの種類・程度にあてはまり、その障がいが一定以上持続する場合に限って取得できます。
 都道府県知事、指定都市市長、中核都市市長が交付します。

 

療育手帳

 知的障がいのある方が一貫した療育・援護を受けられることを目的にして作られました。児童相談所または知的障害者更生相談所で知的障がいであると判定された方が取得できます。
 都道府知事または指定都市市長が交付します。

 

精神障害者保健福祉手帳

 精神保健福祉法に基づき、長期にわたり日常生活または社会生活への制約がある方の社会復帰や自立を支援することを目的として作られました。
 精神疾患があるために生活に支障がある方が取得できます。
 都道府県知事又は指定都市市長が交付します。