ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 商工観光部 > 商工課 > 令和元年7月期上田市経営実態調査

本文

令和元年7月期上田市経営実態調査

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 市では、変動する経済情勢の中で市内経済動向を把握するため、例年夏と冬に経営実態調査を実施しております。 今回、令和元年7月に同調査を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。

調査の概要

主な調査項目
  • 最近の経営実績について
  • 雇用状況について
  • 設備投資について
  • 資金調達の状況について
  • 今後の見通し等について
  • 消費税増税について
  • 今後必要とする人材について
  • 事業承継について

 調査票 [PDFファイル/243KB]

調査対象者

市内事業者のうち約200者を抽出。なお、基本的には前回(平成30年11月)と同じ事業者。

調査期間 令和元年7月12日(金曜日)~8月21日(水曜日)
調査実施機関
  • 上田商工会議所
  • 上田市商工会
  • 真田町商工会
  • 長野県中小企業団体中央会上小支部
  • 上田市
調査方法 調査実施機関職員が、郵送、訪問、Faxによる記入又は聞取りした。
調査・回答数

調査事業者:200者

回答事業者:174者

回答率:87.0%

調査結果

  • 市内の景況感は、昨年同期の好調の反動もあり、全業種で景気の減速が顕著となっている。
  • 雇用状況については、引き続き求人需要は高いが、若干の減少傾向が見られる。
  • 設備投資については、業種で程度の差異はあるものの総じて意欲的である。
  • 上田市内企業の景気は概ね横ばいに推移しているが、海外経済の動向や消費税増税の影響等を注視していく必要がある。

調査結果 [PDFファイル/1007KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)