ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 別所線存続支援キャラクター「北条まどか」

本文

別所線存続支援キャラクター「北条まどか」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月22日更新

別所線存続支援キャラクター

別所線存続キャラクター「ドラッピー」

 北条まどか ご先祖が塩田北条氏で、毎日、自宅から別所線で、染屋台女子高等学校に通う高校2年生の女子高生です。ごく普通の女子高生に見えるまどかには、実は誰も知らない秘密がありました。それは、6年前の出来事が関係しているようです。

 塩野まさと 北条まどかの幼なじみで、さくら高等学校に通う高校2年生の男子高生です。家は由緒ある塩野神社で宮司の祖父と二人暮らしをしています。何かとまどかから頼りにされている存在です。

 安曽かのん かつて上田市塩田に大和朝廷の命で派遣された九州の阿蘇氏の末裔で、さくら高等学校に通う高校1年の女子高生です。両親、兄、祖父母の6人で暮らしています。

「北条まどか」とは・・・

別所線存続キャラクター「北条まどか」 

  • 身長/体重:158cm/??kg
  • 身体的特徴:細身でスポーツ体型
  • 職業その1:高校生(現在2年)市内の高台にある染屋台女子高等学校に通っている
  • 職業その2:魔法少女 上田市に訪れた人や別所線を利用する人に素敵な思い出を作ってもらうのがお仕事
  • 部活動:陸上部(短距離ランナー)
  • 好きなもの、こと:学校から見下ろす別所線と沿線を囲む上田市の景色、体を動かすこと、部活帰りに別所温泉でお湯に浸かってまったりすること
  • 嫌いなもの、こと:自然や景色を汚したりする心ない人
  • 将来の夢:弟、妹が大きくなって進学する時、更には自分が結婚して子供が市内の学校に通う時になっても別所線が残っていて通学に利用し、その景色を愛してくれること
  • 家族構成:父・母・弟のかずま(小学4年生)・妹のまなか(小学1年生)
  • 生い立ち:生まれも育ちも上田市塩田で、別所線は生活に密着した路線として利用している、小さい頃は車酔いをしやすい体質だったので、市街地への移動で別所線を使っているうちに電車が好きになった
  • 父:市内リサーチパークにある電子機器開発会社の開発部長
  • 母:専業主婦 学生時代に英語を専攻しており、頼まれれば小学生のお宅に行って英語を教えている
  • 弟:北条かずま 姉と同じくまじめさを持つ性格だが、猪突猛進に走り出す姉とほわほわふんわりな妹に挟まれて、歳の割に苦労性
  • 妹:北条まなか 姉と正反対ににこにこほわほわしている感じで人懐っこい、基本的に急ぐということはせず、姉とは別の意味でマイペース
  • 望み:別所線を守りたい、いろんな人に知ってほしい、上田に訪れてくれた人に素敵な思い出を作って帰ってほしい
  • 特技:日本史(歴女までとはいかないが、上田市の歴史には詳しい)、地元の観光案内、別所線の時刻表を完全に覚えている(ダイヤ改正したらすぐに覚え直す)
  • 弱点:朝に弱い、そのため乗車時間いつもギリギリまで寝ているが、持ち前の足の速さで遅刻したことはない、そのかわり、支度をする時間がなくて髪の毛がぐちゃぐちゃだったり忘れ物をしたりということが頻繁にある
  • 嬉しいこと:上田や別所を誉められること
  • 怒ること:別所線廃止への賛成意見

 北条まどかは、別所線存続活動を広げていくため、2005年(平成17年)12月2日に上田市の都市伝説をもとに制作公開した小説「別所線きっず!ものがたり」に登場するキャラクターの一人です。
 北条まどかの名前は、別所線が走る塩田平と上田城がある市街地では文化が異なることから、上田城を機縁とする真田氏ではなく、塩田平の文化を醸成した北条氏の子孫という設定にしました。まどかは、昔、丸窓電車を円窓電車とも書いていましたので、円の字の訓読みから採用しました。
 2006年(平成18年)5月12日に、作曲家の桐原冬夜(DESTEZZ)先生が「別所線きっず!ものがたり」(全12話中10話まで)をWeb絵本(フラッシュアニメーション)にしてくださり、月1話のペースで1年間かけて公開いたしました。Web絵本内のイラスト、写真、音楽のいずれも桐原冬夜先生のオリジナルです。
 2011年(平成23年)9月26日には、上田市在住のイラストレーター・マンガ家の宙花こより先生に高校生になった北条まどかをデザインしていただき、別所線存続支援キャラクターとして公開いたしました。基本コンセプトは、「元気」「可愛い」「桜(上田市章)」です。
 塩野まさとは、2016年(平成28年)10月12日に、宙花こより先生に高校生になった姿をデザインしていただき公開いたしました。
 安曽かのんは、もともと塩野神社の公式キャラクターでしたが、2019年(平成31年)12月18日に、鳩先生が別所線存続支援キャラクターとして新たにデザインしていただき公開いたしました。

公式ツイッター

 北条まどか@別所線にのろう!上田電鉄別所線がんばれ!(@madoka_hojo)<外部リンク>

二次創作

 別所線存続支援キャラクター「北条まどか」は、趣味の範囲での二次創作を公認・歓迎しています。詳細については、「北条まどかご投稿に当たっての注意事項」をご覧ください。

北条まどか中の人

宙花こより先生

キャラデザ:宙花こより先生/長野県上田市在住・イラストレーターマンガ家
 「知多娘。」をはじめ、東武鉄道の「姫宮なな」、「鉄道むすめ」(SDキャラ)など数多くのキャラクターを手掛け全国で活躍中。上田市マルチメディア情報センターの上田まんがクラブ講師及び、さくら国際高等学校の選択授業講師(イラスト)
 URL:http://koyori.mimoza.jp/<外部リンク>

真田アサミさん

CV:真田アサミさん/長野県上田市出身・声優

 1999年にデビュー以降、幅広いキャラクターをこなせる本格、実力派の声優として活躍中。アニメ、外画、ラジオ、CDに出演する一方で、舞台もこなす。
 2012年(平成24年)7月1日より、北条まどかのキャラクターボイスを声優の真田アサミさんに務めていただいています。同年8月11日からは、上田電鉄別所線上田駅構内アナウンスを真田アサミさんによる北条まどかキャラクターボイスで実施しております。
 Blog:http://yaplog.jp/marunojin/<外部リンク>