ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

≪臨時休館のお知らせ≫

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、当館は5月31日(日曜日)まで臨時休館とさせていただきます。ご理解の程、よろしくお願いいたします。


時代小説の人気作を数多く執筆した直木賞作家・池波正太郎氏(1923~1990)は、真田一族の歴史に深い関心を抱き、これにスポットを当てた数多くの作品を発表しています。名将真田昌幸・信之・幸村、父子の活躍をテーマにした『真田太平記』は、この一連の「真田もの」の集大成ともいえる作品で、『週刊朝日』に連載された長編大河小説です。

池波正太郎氏は、この『真田太平記』連載にあたり、取材の為、しばしば上田を訪れました。池波氏は「上田の印象」(パンフレット『信州上田の四季』上田市観光課、『一升桝の度量』幻戯書房、ハルキ文庫)の中で「折りにふれ、上田の人々の顔をおもい、上田の町をおもうことは、私の幸福なのである」と述べています。

真田昌幸が築城した上田城、その城下町上田に「池波正太郎真田太平記館」があります。今なお多くのファンを魅了しつづける作家、池波正太郎氏と戦国歴史浪漫『真田太平記』の魅力について紹介します。どうぞご来館ください。

小説 真田太平記
池波正太郎真田太平記館 内観イメージ

観覧料

一般 高・大学生 小・中学生
個人料金 400円 260円 130円
団体料金 330円 200円 100円

アクセス

  • 北陸新幹線上田駅、しなの鉄道上田駅より徒歩約10分
  • 上信越自動車道上田菅平I.C.より約10分
  • (注)大変申し訳ございませんが、当館には駐車場がありません。お車でお越しの方は、近隣の駐車場をご利用ください。

S N S

<外部リンク>