ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・子育て > 妊娠・出産・健診 > 出産 > 上田市立産婦人科病院 > 出産育児一時金の直接支払制度について
上田市立産婦人科病院のタイトル画像 上田市立産婦人科病院

本文

出産育児一時金の直接支払制度について

更新日:2020年2月21日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

上田市立産婦人科病院 出産育児一時金のご利用について

当院では、窓口でお支払いいただく出産費用のご負担を軽減するため、平成21年10月から始まった「出産育児一時金等の医療機関等への直接支払制度」をご利用いただくことを原則としております。

直接支払制度とは

当院がご利用者様に代わって、加入している国保、社保等の医療保険者へ出産育児一時金を請求します。請求手続きについて、手数料等の費用は発生いたしません。
直接支払制度をご利用いただいた場合、退院時にお支払いいただく出産費用については、一時金の範囲内の金額(原則42万円)であれば、お支払いいただく必要がなくなります。
ただし、

  • 出産費用が42万円を超えた場合、不足額(超えた額)を窓口でお支払いいただきます。
  • 出産費用が42万円未満の場合、42万円との差額を医療保険者に請求することができます。

帝王切開などの保険診療の場合について

出産が帝王切開などの保険診療の場合、窓口で自己負担額(原則3割分)をお支払いいただきますが、直接支払制度をご利用いただくことにより、出産育児一時金を自己負担額のお支払いに充てることができます。
直接支払制度を利用せず、出産育児一時金を医療保険者から受け取りたい場合は、窓口でお申し出くださいますようお願いいたします。なお、その場合、退院時に出産費用を全額現金でお支払いいただくことになります。
詳しくは、窓口職員にお尋ねください。