ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

食中毒情報

更新日:2020年2月25日
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

食中毒に注意

 気温・湿度ともに高い気象条件が続いており、食中毒の原因になる細菌が非常に増えやすくなっています。
 以下のことに注意して、食中毒を予防しましよう。

家庭でできる食中毒予防対策

食品購入時の注意点

  • 生鮮食料品は新鮮な物を購入しましょう。
  • 消費期限などの表示を確認し購入しましょう。
  • 肉汁や魚の水分がもれないようビニール袋に分けて包み、持ち帰りましょう。
  • 購入後は寄り道せずまっすぐ帰りましょう。

家庭での保存

  • 食品を持ち帰ったらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
  • 冷蔵庫や冷凍庫へ入れるのは7割程度にし、詰めすぎに注意しましょう。
  • 冷蔵庫は10℃以下に、冷凍庫は-15℃以下に維持しましょう。
  • 肉や魚はビニール袋や容器に入れ、他の食品に肉汁などがかからないようにしましょう。

関連資料

厚生労働省 家庭でできる食中毒予防リーフレット[PDFファイル/580KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)