ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

「特別警報」について

更新日:2019年12月12日
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 気象庁では、平成25年8月30日(金曜日)から新たに「特別警報」の運用を開始しました。

特別警報とは

 気象庁はこれまで、大雨や地震などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。
 これに加え、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や地震等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼びかけるものです。
 上田市では、令和元年東日本台風(台風第19号)で初めて特別警報が発表されました。

特別警報が発表されたら

「特別警報」が発表されたら、ただちに命を守る行動をとってください。
数十年に一度しかないような、尋常でない大雨等が予想され、また重大な災害が起こる可能性が非常に高まっています。
屋外の状況や市から発表される避難指示や避難勧告などに留意し、ただちに命を守る行動をとってください。
被害の拡大を防ぐために、気象情報をテレビやラジオ、インターネットなどを利用して常に把握し、身の安全を守るために早めの行動に心がけることが大切です。
上田市防災気象情報<外部リンク>
市では、特別警報が発表された場合には、テレビやラジオ、有線放送、市ホームページ、市メール配信サービスなどを通じて皆さんに情報をお伝えします。

特別警報に関する詳細

 発表基準などの詳細は、気象庁ホームページをご覧ください。

 気象庁ホームページ「特別警報について」<外部リンク>