ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 都市建設部 > 交通政策課 > 運賃低減バス運行計画

本文

運賃低減バス運行計画

更新日:2019年12月12日
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 近年のモータリゼーションの進展などによるバスの利用者の減少とともに、行政から運行事業者への補助金が増大し続けています。都市機能として不可欠なバス路線を確保・維持・活性化させるにあたり、新たな視点と逆転の発想を持って、多様な利用や効果を生み出すため、平成25年10月1日から「運賃低減バス実証運行」を開始し、市内の路線バス利用者の増加を図ってまいりました。平成28年10月1日から、さらに3年間(令和元年9月30日まで)の実証運行継続を経て、現在も運行しております。これまで2期6年の実証運行の結果から、一定の効果が認められたため、令和元年10月1日以降も運行継続することが決定いたしました。

(1)対象となる路線

 市内を運行する路線バス(17路線)

上田バス運行路線(8路線)

 菅平高原線、真田線(渋沢線)、傍陽線、豊殿線、信州上田医療センター線、塩田線、西丸子線、信州の鎌倉シャトルバス

千曲バス運行路線(7路線)

 祢津線、佐久上田線、鹿教湯線、武石線、県道川西線、室賀線、青木線

東信観光バス運行路線(2路線)

 中仙道線、丸子線

(注)JRバス関東長久保線、上田松本直行バス(千曲バス)、高速バス(千曲バス)は除く

上田市バス路線図[PDFファイル/724KB]

(2)運行期間

 令和元年10月1日から3年間(今後も3年毎に検証してまいります。)

 ※平成25年10月1日から2期6年の実証運行を経て、現在も運行しています。

(3)低減運賃

 市内を3つのエリア(運賃区界)に分け、同一エリア内での乗降は、1乗車当たり上限300円となります。
 また、隣接エリア間での乗降は、1乗車当たり上限500円となります

運賃の概要

 

平成25年9月までの運賃

運賃低減後の運賃

同一エリア内の乗降

100円~140円

100円

150円~190円

150円

200円~240円

200円

250円~290円

250円

300円~

300円

 

平成25年9月までの運賃

運賃低減後の運賃

隣接エリア間での乗降

100円~140円

100円

150円~190円

150円

200円~240円

200円

250円~290円

250円

300円~690円

300円

700円~790円

350円

800円~890円

400円

900円~990円

450円

1,000円~

500円

  • 一部区間は、上表とは異なる運賃体系となります。
  • 小児などは半額。なお、端数が出る場合は10円単位に切り上げます(例:大人350円区間は小児180円)。
  • 運賃低減バスの対象となるのは、市内での乗降のみです(市外での乗車、または降車となる場合は、現行運賃となります)。また、通勤・通学定期料金も低減されます。

運賃区界図

運賃区界図の画像
こちらも併せてご覧ください。路線バスQ&A

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)