ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 教育委員会 > 生涯学習・文化財課 > エピソード9 「電車が通ったお堀」

本文

エピソード9 「電車が通ったお堀」

更新日:2019年12月12日
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

二の丸橋の下にプラットホームが

堀の中を走る電車堀の中を走る電車 

 

秋に見事な紅葉で私たちを楽しませてくれる上田城跡のケヤキ並木。ここは元々二の丸の堀だったところで、昭和2年に真田方面行きの電車の線路(上田温泉電軌(株)北東線)が敷設されました。二の丸橋が現在のコンクリート橋になったのもこの時です。
 二の丸橋のすぐ下には、公会堂下駅(昭和23年に公園前駅と改称)があり、現在でもプラットホームが残っています。無人駅だったものの、花見の時期やイベントの際には乗降客が多かったようです。電車は昭和47年に廃止となり、昭和56年にケヤキ並木遊歩道が完成しました。
「上田城の歴史」へ