ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 生活環境部 > 上田市消費生活センター > 食品による子どもの窒息・誤嚥(ごえん)事故に注意!

本文

食品による子どもの窒息・誤嚥(ごえん)事故に注意!

更新日:2021年1月27日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

気管支炎や肺炎を起こすおそれも…硬い豆やナッツ類等は5歳以下の子どもには食べさせないで。

 もうすぐ節分です。節分豆やピーナッツは、かみ砕く力や飲み込む力が十分ではない子どもにとって、喉や気管に詰まらせて窒息したり、気管支炎や肺炎を起こしたりするリスクがあります。欲しがっても食べさせないでください。

 消費者庁によると、厚生労働省の人口動態統計の調査票情報(平成26年から令和元年までの6年間分)を基に、独自に分析を行ったところ、食品を誤嚥(ごえん)して窒息したことにより、14歳以下の子どもが80名死亡したそうです。そのうち5歳以下は73名でした。このような事故を防ぐため、消費者庁では次のような注意喚起をしています。豆を食べる幼児

事故事例1:アーモンドを子どもに食べさせていた。口内に残したまま歩行中、もっと欲しがって泣いたところ、むせてせき込んだ。その後もゼイゼイした感じがあり受診した。右の気管支異物により入院6日間。(2歳)

事故事例2:教育・保育施設において、給食中に幼児がブドウをのどに詰まらせ、病院に救急搬送したが死亡が確認された。(4歳)

(1)豆やナッツ類など、硬くてかみ砕く必要のある食品は5歳以下の子どもには食べさせないでください。咽頭や気管に詰まると窒息しやすく、大変危険です。小さく砕いた場合でも、気管に入り込んでしまうと肺炎や気管支炎になるリスクがあります。

(2)ミニトマトやブドウ等の球状の食品を丸ごと食べさせると、窒息するリスクがあります。乳幼児には、4等分する、調理して柔らかくするなどして、良くかんで食べさせましょう。

(3)食べているときは、姿勢を良くし、食べることに集中させましょう。物を口に入れたままで、走ったり、笑ったり、泣いたり、声を出したりすると、誤って吸引し、窒息・誤嚥するリスクがあります。

 詳しくは消費者庁ウェブサイト 生命・身体にかかわる危険https://www.caa.go.jp/notice/caution/life/<外部リンク>