ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 生活・防災 > 防災・災害 > 防災訓練 > 平成26年度上田市防災訓練

本文

平成26年度上田市防災訓練

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

平成26年度上田市防災訓練の状況(ツイッター)

@cityuedaからのツイート<外部リンク>

「自助」「共助」で災害に備える 防災訓練に参加しましょう

 大規模地震や台風、大雪など、災害はいつどのように発生するか分かりません。いざという時に慌てず、「自分の命は自分で守る(自助)」、「自分たちの地域は自分たちで守る(共助)」行動ができるよう、日頃から訓練を通して、避難経路や自主防災組織の役割を確認しておくことが大変重要です。
 平成26年度上田市防災訓練は、平成25年度に続き、市民が自ら考え、行動する訓練」を基本方針に、市内7地区を重点地区として実施します。訓練は自由に参加や見学ができますので、ぜひ会場にお越しいただくとともに、この機会に、お住まいの地域の避難場所や非常持ち出し品など、各自で今一度確認してみましょう。

上田市防災訓練を実施します

  • 日時 平成26年8月30日(土曜日)午前6時50分~正午
    (注1)重点地区の訓練は、地区によって異なりますが午前8時頃から開始します。
  • 会場 重点地区(7地区)
    • 東部、南部、中央、北部地区(清明小学校、ひとまちげんき・健康プラザうえだ)
    • 丸子中央地区(丸子中央小学校)
    • 長地区(長小学校、真田中学校)
    • 武石地区(築地原トレーニングセンター)
  • 訓練内容
    非常伝達・参集訓練、広域避難場所開設・運営訓練、災害対策本部運営訓練など
    (注2)市内で災害が発生した場合、または災害発生のおそれがある場合には、訓練規模を縮小、または中止する場合があります。
    (注3)訓練会場へお越しの際は、飲み物を持参するなど、各自で熱中症予防対策をお願いします。
    (注4)上田市防災訓練は、車イスの方も参加可能です。

防災訓練の基本方針

 自主防災組織(自治会)を中心に、防災関係機関、市の3者の連携による訓練を行います。

  • 市民が自ら考え、行動する訓練
  • 害時を見据えた実戦的な災害対策本部訓練

主な訓練の内容

広域避難場所開設・運営訓練など

 震度6強の地震、それに伴う火災の発生を想定し、重点地区の自主防災組織と消防団員、市職員が連携して広域避難場所の開設および運営・初期消火訓練などを行います。
 (注5)当日は、訓練の模様が上田ケーブルビジョン<外部リンク>、および丸子テレビ放送<外部リンク>で放映されます。
UCV防災訓練(緊急放送訓練)<外部リンク>

応急救護訓練

 避難者の中に負傷者がいる場合に備え、消防職員や消防団員による応急救護訓練を行います。

AED取扱訓練

 避難者の中に重傷者がいる場合に備え、消防職員によるAEDを使用した取扱訓練を行います。
 AEDは、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器です。
AED設置場所一覧

災害用備蓄資器材使用体験訓練(浄水訓練)

 市内の備蓄倉庫に配備されている災害用備蓄資器材を会場内に展示するとともに、プールなどの水を浄水器を使用して飲料水とするなど、資器材の使用体験を行います。

災害対策本部設置・運営訓練

 市役所庁舎が被災したことを想定して「ひとまちげんき・健康プラザうえだ」に災害対策本部を設置し、刻々と変化する被災状況に応じて防災関係機関へ復旧を依頼するなど、実践的な訓練を行います。

災害時相互応援協定自治体との連携訓練

 協定自治体である東京都練馬区、埼玉県上尾市に職員の派遣を要請します。

臨時災害放送局開局申請・設置訓練

 大規模災害発生時に市民に情報を伝達するために開局する臨時災害放送局の申請・開局訓練を実施します。

アマチュア無線局の開設訓練

 通信手段が限られている場合や、孤立地域が発生した場合の情報伝達手段として、アマチュア無線局を開設し情報伝達訓練を行います。なお、当日はひとまちげんき・健康プラザうえだ内に移動無線局を開設しますので、アマチュア局で参加いただける方は、最寄の場所から参加をお願いします。
 使用周波数

  • 144MHz145.68MHz(メイン)
  • 430MHz433.68MHz(メイン)
  • 439.68MHz(富士見台レピータ)
メール配信を行います

 「上田市メール配信サービス」に登録していただいている方に訓練メールを一斉配信します。訓練メールは、状況に応じて複数回配信しますのでご理解とご協力をお願いします。
 メール配信の登録は「上田市メール配信サービス」をご覧ください。

ツイッターで訓練の様子を配信します

上田市ツイッター二次元コード ツイッターは、様々な情報を携帯電話、スマートフォンやパソコンに、簡潔かつタイムリーに情報発信する仕組みです。東日本大震災では、被災地の自治体の多くは公式ホームページからの情報発信ができなくなりましたが、ツイッターを活用した自治体は災害状況や避難情報を発信し続けることができました。そこで、ツイッターにより防災訓練の模様を情報発信しますのでご覧ください。
 ツイッターの利用登録は下のアドレスまたは右の二次元コードをご利用ください。

上田市ツイッター二次元コード
上田市ツィッター二次元コード

  • 上田市ツイッターアドレス https://twitter.com/cityueda<外部リンク>
  • 上田市ツイッターアカウント @cityueda