ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 歴史・文化財 > 文化財 > 【申込締切ました】文化財de文化祭

本文

【申込締切ました】文化財de文化祭

更新日:2021年11月18日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

上田市内には、国指定文化財のほか、長野県や上田市の指定を受けたものなど、多くの文化財があります。これらの貴重な宝を、多くの方々に知っていただき、未来に伝えていくために、音楽や美術、パフォーマンス等の催事を行い、文化財の活用モデルとして提案していきます。

 

第一回  ※申込締切ました

文化財de文化祭in信州上田ふるさと先人館

令和2年6月に上小教育会館で開館した「信州上田ふるさと先人館」の開館1周年を記念し、先人の一人として同館でも紹介している兎束武雄氏をテーマにしたコンサートを開催します!

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況によっては開催方法が変更または中止となる場合があります。予めご了承ください。

日時

 令和3年11月21日(日曜日) 13時開場、13時30分開演

場所

 上小教育会館 2階ホール(石井鶴三美術資料室)(上田市大手2-7-13)

内容

第一部

開館1周年記念式

第二部

記念コンサート

・兎束康雄氏、柳沢亜紀氏声楽コンサート

・兎束武雄氏紹介

・からたち合唱団コンサート

 

出演者紹介

兎束康雄氏

兎束 康雄氏 (テノール)

長野県上田高等学校卒業、武蔵野音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。東京文化会館主催新進音楽家オーディション合格。1998年から2000年までバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして多くの宗教曲の演奏会をはじめ録音に参加する。2002年より2年間イタリア・モデナへ留学。2003年イタリア・フィレンツェに於いてフィレンツェ五月祭のコンサートに出演。バッハ「ヨハネ受難曲」「クリスマス・オラトリオ」福音史家、数々の宗教曲に於けるソリスト、また、リサイタルやジョイント・コンサート、様々なコンサートに出演し活動の幅を広げている。これまでに上野学園大学及び短期大学部非常勤講師を勤め、現在上野学園高等学校音楽科教諭。

 

兎束亜紀氏

柳沢 亜紀氏 (ソプラノ)


東京芸術大学声楽科卒業、同大学院オペラ科修了。2001年より渡伊、オリヴィエート国際音楽祭、フィレンツェ五月音楽祭等に出演、高い評価を受ける。古楽にも造詣が深く、トリノで独唱を担当したヴィヴァルディのカンタータは好評を博した。2004年よりシュトゥットガルトに拠点を移しバッハなど教会音楽の研究と演奏に従事。国内では、鈴木雅明氏の主催するバッハ・コレギウム・ジャパンに結成時より参加。国内外の演奏会に多数出演しCD録音で独唱も務めている。また新国立劇場でモーツァルトの諸役を歌う。長野県小諸高等学校音楽科非常勤講師、ニ期会会員、日本声楽アカデミー会員。

 

川北祥子氏

川北 祥子氏(ピアノ)

愛知県名古屋市出身、名古屋市立菊里高等学校音楽科卒業。東京芸術大学音楽部器楽科卒業。卒業時、第31回日演連推薦新人演奏会にて名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演、演奏連盟賞受賞。同大学院音楽研究科修士課程修了。在学時、第13回ピティナヤングピアにストコンペティションにてデュオ部門最優秀賞受賞。修了時、学位審査会プログラム(ストラヴィンスキーのピアノ作品)にてNHKFM土曜リサイタルに出演。修了後同大学非常勤講師(声楽伴奏)を務め、第5回日本声楽コンクールにて共演者賞受賞。現在フリーのアンサンブル奏者として活動。これまで田隅靖子、伊達純、藤井博子、植田克己の各氏に師事。

 

料金

 無料

定員

 30人程度

申し込み

参加希望の方はメール(shogaku@city.ueda.nagano.jp)かはがきに住所、氏名、電話番号を記入し「文化財de文化祭応募」と記載の上、文化財de文化祭実行委員会事務局(〒386-0025 天神1-8-1上田駅前ビルパレオ5階)までご応募ください(1枚につき2名まで応募可。)。締切後に抽選を行い、応募者全員に結果を通知します。

※定員にまだ空きがあるため、応募期間を11月18日(必着)まで延長します。また、電話(0268-23-6362)での受付も行います。

組織

 主催:文化財de文化祭実行委員会(上田市教育委員会事務局 生涯学習・文化財課)