ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

第二学校給食センター

更新日:2019年12月12日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

第二学校給食センターの概要

業務内容

上田市内14小学校の学校給食(児童・教職員合わせて6000食)の提供

第二学校給食センター

学校給食で取る栄養量

(以下の数字は文部科学省の基準の熱量です。)

学年

年齢

摂取熱量

低学年

6歳から7歳まで

530キロカロリー

中学年

8歳から9歳まで

650キロカロリー

高学年

10歳から11歳まで

780キロカロリー

学校給食の目的・目標

学校給食は次のようなねらいをもって給食を提供しています

  • 子どもたちの心や体をそだてます。(給食の場を活用して人間関係を育成する。明るく楽しい食事と、心の満足は健康の源となります。)
  • 食事の正しいマナーを養い、望ましい食習慣を身につけます。
  • 食べ物や栄養について学びます。
  • 身体にために必要な物をバランスよく食べているか、判断する力と正しい味覚を育てます。
  • 学校生活を豊かにし、好ましい人間関係を育てます。
  • 家庭の食生活改善に役立てます。(給食を通じて家庭の食習慣、食事への関心を高めます。)

食事の内容

「主食(ご飯・パン・ソフト麺)」、「おかず」、「牛乳」の3つからできています。
それぞれの一週間の主食の回数は、ご飯3回、パン1回、ソフト麺1回です。
ただし、ソフト麺は6月から9月に休止し、代わりにご飯、またはパンを提供します。

給食人員は小学校14校で、合計約6,000人です。
(Aコース)約3,000人 (神川・神科・豊殿・南・城下・塩田西 小学校6校)
(Bコース)約3,000人 (東・清明・西・北・塩尻・川西・中塩田・浦里 小学校8校)

第二学校給食センターの工夫

献立と栄養の工夫

  • 成長期に必要な質のよい食べ物をたくさん取り入れる。
  • 品質の良いものを使うようにする。(食材規格表に従った材料の受け入れ)
  • 季節や地元の農産物をできるだけ取り入れ、行事食・郷土食も取り入れる。
  • カルシウム・各種ビタミン類が多く取れるように工夫したり、家であまり食べない大豆や海藻、色の濃い野菜などバランスよく取り入れる。
  • 塩分や脂肪分の取りすぎに気をつける。
  • 遺伝子組替え食品は使わない。

作り方の工夫

  • できるだけ手作りする。(野菜は機械を使わず包丁で切る、カレーなどのルウは手作りする。)
  • 野菜への関心を高めるため、「型抜き野菜」を汁物に入れている。
  • 使う材料はその日の朝に仕入れる。
  • 化学調味料を使わない。

衛生的な食事づくりの工夫

  • HACCP(危害分析重要管理点)の概念に基づき衛生管理システムを構築しながら推進しています。
  • 調理工程に関する記録。
  • 危険の原因となる物質の特定等に関する記録。
  • 混入物で当所で特定できない物質・昆虫等については、外部の専門的な分析機関に分析を依頼し、混入物を特定して衛生管理に役立てています。(これらについて、具体的には第二学校給食センター独自の業務マニュアル「給食の安全と衛生管理のポイント」を作成し、衛生管理を徹底しています。)

学校・家庭との連携を目的とした工夫

  • 毎月、定期的に学校の先生との給食指導委員会を開催し、連携を図っています。
  • 栄養士が中心となり、年2回ないし3回各学校を訪問して、子ども達の給食の状況を見たり、栄養指導を行っています。
  • 学校との連絡帳交換を行い、先生方や子ども達の意見を聞き、返事を出しています。
  • 児童・保護者の給食センターの見学、PTA試食会、給食献立の紹介など実施しています。

リンク先