ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 財政部 > 税務課 > 固定資産税(償却資産)

本文

固定資産税(償却資産)

更新日:2020年12月21日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

償却資産とは

 固定資産税にいう償却資産とは、土地・家屋以外の事業の用に供することができる有形固定資産で、法人税法または所得税法の所得の計算上、減価償却の対象となる資産をいいます。
 会社や個人で工場・商店・不動産・農業などの事業を営む方が、その事業のために使用している機械・器具・備品などが償却資産に該当します。

償却資産の具体例

  • 構築物(アスファルト舗装、塀、門、フェンス、看板、屋外給排水設備、煙突、鉄塔など)
  • 機械及び装置(太陽光発電設備、製造工作機械、製造加工機械、旋盤、ポンプなど)
  • 車両及び運搬具(フォークリフト等の大型特殊自動車貨車、構内運搬具、客車、トロッコなど)
    ※ただし、自動車税又は軽自動車税の課税客体であるものを除く。
  • 工具、器具、備品(測定工具、切削工具、机、いす、パソコン、レジスター、エアコンなど)

償却資産の申告

 固定資産税の対象となる償却資産を所有する方は、毎年1月1日(賦課期日)現在の償却資産の所有状況を資産の所在市町村に申告する必要があります。(地方税法第383条)
 申告期限は毎年1月末日(法定期限)までです。対象となる償却資産をお持ちの場合は、必ず申告の手続きをお願いします。
 また、下から申告書等の提出書類がダウンロードできますので、ご利用ください。

 
※令和3年度償却資産申告書の送付について
 平成31年度、令和2年度の2年連続で償却資産をお持ちでない方には、令和3年度償却資産申告書を郵送しておりません。申告書が届かなかった方で、令和2年中に資産を取得された方や申告漏れが判明した方は、上記より申告書等をダウンロードしていただき、ご申告をお願いいたします。また、申告書等は本庁舎税務課及び各地域自治センターの窓口でも配布しております。

 

申告期限

 令和3年2月1日(月曜日)
 ※期限間近になりますと窓口が大変混雑しますので、1月18日(月曜日)までの申告に御協力をお願いします。

申告時の注意点

償却資産の耐用年数が改正されました

 平成20年度の税制改正により、耐用年数省令の見直しが行われ、減価償却資産の耐用年数表が変更になりました。特に機械及び装置は大幅に変更されました。
 すでに上田市の償却資産課税台帳に登録されている資産で、耐用年数が改正された資産は耐用年数の修正が必要です。なお、耐用年数の修正は種類別明細書(一覧表)を使って申告できます。詳しくは次のPDFファイルをご覧ください。

 変更後の耐用年数表は下のPDFファイル、Excelファイルをご覧ください。
 機械及び装置の耐用年数表における新旧資産区分の対応関係表

理論帳簿価額の廃止

 地方税法第414条の削除に伴い、理論帳簿価額は廃止されました。
 従来は理論帳簿価額と評価額、それぞれの全資産の合計額を比較し、高い方を決定価格としましたが、今後は評価額が決定価格となります。

課税標準の特例・軽減措置について

電子申告ができます

 電子申告(eLTAX)を利用した償却資産の申告も受け付けています。
 詳しくはリンク先をご覧ください。
 市税の電子申告サービス

関連ページ

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)