ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~ > 市民おもてなし講座~信州上田の日本遺産について考えよう
レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~のタイトル画像 レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~

本文

市民おもてなし講座~信州上田の日本遺産について考えよう

更新日:2021年5月16日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 レイラインがつなぐ太陽と大地の聖地として、日本遺産に認定された信州上田・塩田平! 日本遺産や伝統文化の魅力発信・活用、PRの工夫等について学び、まちの歴史や文化への知識を深めるため、「市民おもてなし講座~信州上田の日本遺産について考えよう」を開催します。参加者の皆様が笑顔になることにより地元のことを発信できる「市民おもてなし講座」なる“ゆる~いお話し”も用意しました。

 皆様のご参加をお待ちしております。

 日本遺産おもてなし講座チラシ [PDFファイル/1.01MB]

 ※この事業は、令和3年度文化芸術振興費補助金事業です。

【レイライン生島足島神社夏至コース】

 古代より人々の暮らしに欠かせない太陽の光が通る道の一筋に、塩田平があり「生島足島神社」があります。本年の夏至に合わせた日程(夏至当日は6月21日)で、下記のような学びのコースを設営しました。古社である神社の成り立ちや、信州の学海・信州の鎌倉と称される塩田の成り立ちなど学びを交えたコースです。 

 
日程 2021年6月18日(金曜日) 9時00分(8時45分受付開始)~12時30分

コース及び講座

生島足島神社→東鳥居→大鳥居→御旅所→生島足島神社

 ●講座1:ゲートウェイオリジナル市民おもてなし講座1・講師:池田 元子氏(ゲートウェイ信州上田城下町)

 ●講座2:生島足島神社について・講師:生島足島神社様

 ●講座3:塩田のあれこれ・講師:市村 徹氏(塩田ボランティアガイドの会)

参加費 1,000円
定員 先着30名
申し込み 令和3年5月22日(土曜日)以降、下記に電話申し込みお願いします。

ゲートウェイ信州上田城下町  会長 池田元子 090-1403-4029

服装 マスク着用、歩きやすい服装、季節により防寒具等
持ち物 飲み物

※新型コロナウイルス感染拡大等の事由により、日程コース等変更になる場合があります。ご了承ください。

今後の講座

  ※新型コロナウイルス感染拡大等の事情により、日程コース等変更になる場合があります。ご了承ください。

【レイライン龍の道を電車でたどる国分寺・生島足島神社コース】

 信濃国分寺が源頼朝とも関与していることなどを学びながら「しなの鉄道~別所線」と乗り継いで、日常にある電車を楽しみ、レイラインと生島足島神社周辺について学びます。

 
日程 2021年9月10日(金曜日)8時50分(8時40分受付開始)~12時30分

コース及び講座

信濃国分寺→しなの鉄道→上田電鉄別所線→生島足島神社   

 ●講座1:信濃国分寺について・講師:寺島 隆史氏

 ●講座2:信濃国分寺三重の塔について・講師:国分寺関係様

 ●講座3:生島足島神社について・講師:寺島 隆史氏

 ●講座4:ゲートウェイオリジナル市民おもてなし講座  ・講師:池田 元子氏

参加費 1,000円+公共交通機関代金実費570円
定員 先着30名
申し込み 下記に電話申し込みお願いします。

ゲートウェイ信州上田城下町  会長 池田元子 090-1403-4029

服装 マスク着用、歩きやすい服装、季節により防寒具等
持ち物 飲み物

【レイライン生島足島神社西門冬至コース】

 生島足島神社西鳥居に沈む夕日を鑑賞します。

 
日程 2021年12月17日(金曜日) 13時00分(12時45分受付開始)~15時40分

コース及び講座

生島足島神社→神社内にて→北鳥居→長福寺→西鳥居 

 ●講座1:ゲートウェイオリジナル市民おもてなし講座 ・講師:池田 元子氏

 ●講座2:生島足島神社について・講師:生島足島神社様

 ●講座3:塩田のあれこれ・講師:市村 徹氏

 ●講座4:長福寺について ・講師:長福寺住職様

参加費 1,000円+長福寺夢殿参拝料実費300円
定員 先着30名
申し込み ゲートウェイ信州上田城下町  会長 池田元子 090-1403-4029
服装 マスク着用、歩きやすい服装、季節により防寒具等
持ち物 飲み物

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)