ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」信州上田のタイトル画像 レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」信州上田

本文

協議会設立までの歩み

更新日:2020年11月10日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

 令和2年6月19日に、「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~」のストーリーが日本遺産として認定されました。

 認定を受け、令和2年9月10日に、上田市日本遺産推進協議会を設立しました。

 今後は、ストーリーを語る上で不可欠な魅力ある有形・無形の文化財群を総合的に活用し、情報発信や人材育成、環境整備などの取り組みを進めていきます。

 認定までの詳細


構成文化財
関連サイト