ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~のタイトル画像 レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~

本文

第2回太陽と大地の聖地レイラインバスツアー

更新日:2021年5月7日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

安楽寺八角三重塔の写真上田市の日本遺産「レイラインがつなぐ『太陽と大地の聖地』~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~」の文化財群を巡るバスツアーです。
令和2年6月に日本遺産に認定された上田市のストーリーを学んでみませんか。どなたでも御参加いただけます。
ツアーガイドは、塩田ボランティアガイドの会が務めます。
別日程で同行程の第1回目も開催予定です。詳しくはこちら → 第1回レイラインバスツアーについて

開催期日

 令和3年8月21日(土曜日)

旅行行程

  • 8時30分 上田城跡公園体育館駐車場 集合
  • 8時40分 上田城跡公園体育館駐車場 出発
  • 8時55分着 信濃国分寺(見学20分) 9時15分発
  • 9時35分着 生島足島神社(見学30分) 10時5分発
  • 10時15分着 西光寺(見学15分) 10時30分発
  • 10時40分着 前山寺(見学20分) 11時00分発
  • 11時10分着 中禅寺(見学15分) 11時25分発
  • 11時35分着 北向観音堂(見学15分) 11時50分発
  • 12時00分着 安楽寺(見学30分) 12時30分発
  • 13時00分着 上田城跡公園体育館駐車場

参加費

 一人当たり1,000円

募集定員

 15名

申込方法

 電話又はメールで上田市日本遺産推進協議会事務局へ

申込期限

 令和3年8月10日(火曜日)17時00分まで