ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・建設 > 農林業 > 農地相談 > 人・農地プラン

本文

人・農地プラン

更新日:2020年12月21日更新
印刷用ページを表示する
<外部リンク>

農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要があります。
このため、上田市では、問題を解決するための「未来の設計図」となる「人・農地プラン(地域農業マスタープラン)」を作成するために、話し合いを行っています。

人・農地プラン作成において上田市が行った協議一覧[PDFファイル/1.8MB]

人・農地プランとは

人・農地プランとは、地域の農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加など「人と農地の問題」を解決するために、農業者が話し合いに基づき、地域における農業において中心的な役割を果たすことが見込まれる農業者(中心的経営体)、当該地域における農業の将来の在り方などを明確化するものです。

人・農地プランの「実質化」とは

次の1から3までの地域の話し合いのプロセスを経て作成された人・農地プランを「実質化された人・農地プラン」とします。

1 アンケートの実施

対象地区の相当部分について、おおむね5年から10年後の農地利用に関するアンケート調査を行います。

上田市では、令和2年1月に地域における農地や脳kの原稿を把握するためのアンケート調査を実施いたしました。
このアンケートの結果について以下のとおり公表いたします。

2現況把握

対象地区において、アンケート調査や話し合いを通じて、農業者の年齢階層別や後継者の確保の現状等を地図化し、把握します。

3 地域の中心となる経営体(中心的経営体)への農地の集約化に関する将来方針の作成

対象地区を集落ごとに細分化し、5年から10年後に農地利用を担う中心的経営体に関する方針を定めます。

人・農地プランの実質化に向けた工程表の公表について

人・農地プランの具体的な進め方について(令和元年6月26日付元経営第494号農林水産省経営局長通知)に基づき、次のとおり公表します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)